こよみ探検隊がゆく!~二十四節気を楽しむ、京都さんぽ~

季節と共に巡る天体を軸とし、繊細な日本の四季を教えてくれる旧暦「二十四節気」。
春夏秋冬をそれぞれ6つに分けた二十四の暦の移ろいを知り、感じるだけで、
慌ただしい日常から「今・この時」を慈しむ気持ちへ視点が変わり、心に安らぎをもたらしてくれます。
古くから親しまれてきた暦や歳時記を見直して、季節を楽しむおでかけをしてみませんか?

※節気の期間は2018年度のものです

立秋&処暑に訪れたい…
こよみを楽しむお出かけレシピ

かがり火が照らし出す…
嵐山で雅な「鵜飼うかい」を体験

「宮廷鵜飼船」の鵜匠は昔ながらの風折烏帽子に腰みの姿。
数羽のウミウを飼いならし、鮎などの川魚をとる手さばきが見事

かつて平安貴族も楽しんだ、
風流な夏の夜遊びをどうぞ。

嵐山の鵜飼

開催期間:7/1(日)~9/23(日)

由緒正しき鵜飼を、渡月橋を臨む船上から見物。船先にかがり火を灯した鵜飼船が太鼓の音と共に近づいてくる姿が幻想的で、鵜が漁をする様子や鵜匠の手綱さばきを間近で楽しむことができる。予約なしの乗合船のほかに、当日午前9時から予約可能な「宮廷鵜飼船」などがある。

Data

  • 075-861-0302
  • 住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町(北乗り場)
  • 営業時間:9時~16時 ※予約受付
  • [乗合船]出発:19時、20時 ※9/1以降は18時30分、19時30分
  • 料金:大人 1,800円、子ども(4歳~12歳) 900円 ※予約不可
  • [宮廷鵜飼船]出発:20時(~8/31)、19時30分(9/1~23)
  • 料金:大人2100円、子ども(4歳~12歳)1050円 ※予約制、当日9時より受付
  • 交通:嵐電嵐山駅より徒歩10分
  • 嵐山の鵜飼は清和天皇(849~880年)に宮廷鵜飼が行われたのが始まり

  • ドイツ・カナダ両国籍を持つ日本初の女性鵜匠も活躍

立秋&処暑に訪れたい…
こよみを楽しむお出かけレシピ

 カラフルな笹飾りが揺れる、
北野天満宮のライトアップ

境内の夜間参拝と史跡・御土居のライトアップは日没~21時(閉門)まで

夜風に揺れる七夕飾りと
冷たい御手洗川の邪気払い。

北野天満宮の北野七夕祭

開催期間:8/4(土)~8/16(木)

恒例行事「京の七夕」と合わせて開催される「北野七夕祭」では、境内ライトアップなどが行われ、笹飾りや国宝の本殿が照らし出される様子は息をのむような美しさ。平安京ゆかりの清め神事「御手洗川足つけ燈明神事」では、境内を流れる清流に足をつけて身を清める貴重な体験も!

Data

  • 075-461-0005
  • 住所:京都市上京区馬喰町 北野天満宮社務所
  • 開門時間:5時~18時(4~9月)※七夕祭期間中は~21時閉門
  • 定休日:なし
  • 料金:参拝自由
  • 交通:嵐電北野白梅町駅より徒歩5分
  • 「御手洗川足つけ燈明神事」は8/4~16日の9時~20時まで(初穂料300円)

寄り道したい、こよみスイーツ

京都の梅を使用した、
ヒンヤリ冷たい「葛流し」

老松 北野店

販売期間:~9月末頃まで

北野天満宮のそばに店を構える「有職菓子御調進所 老松」。吉野葛のプルプルとしたのど越しが絶妙な「葛ながし」は、北野天満宮にちなんだ梅風味と、波照間の黒糖を使用した黒糖味の2種類が揃う。

Data

  • 075-463-3050
  • 住所:京都市上京区北野上七軒
  • 営業時間:9時~18時
  • 定休日:不定休
  • 交通:嵐電北野白梅町駅より徒歩12分
  • 「葛流し 北野の梅」410円(税込)は梅のスッキリした風味が絶妙。天突き棒が入っているので自分で突いて食べるのが楽しい!

Copyright © Keifuku Electric Railroad Co.,Ltd. All Rights Reserved.