こよみ探検隊がゆく!~二十四節気を楽しむ、京都さんぽ~

季節と共に巡る天体を軸とし、繊細な日本の四季を教えてくれる旧暦「二十四節気」。
春夏秋冬をそれぞれ6つに分けた二十四の暦の移ろいを知り、感じるだけで、
慌ただしい日常から「今・この時」を慈しむ気持ちへ視点が変わり、心に安らぎをもたらしてくれます。
古くから親しまれてきた暦や歳時記を見直して、季節を楽しむおでかけをしてみませんか?

※節気の期間は2019年度のものです

小寒&大寒に訪れたい…
こよみを楽しむお出かけレシピ

一年で最も寒い季節は、
あったかい温泉に浸かって。

露天風呂や寝湯、サウナなどゆっくり湯めぐりを堪能

地下1200mから湧き出る
茶褐色のにごり湯でぽかぽかに。

さがの温泉 天山の湯てんざんのゆ

嵐電有栖川駅から徒歩3分にある日帰りの天然温泉施設。通称「熱の湯」と呼ばれるほど身体が温まる温泉は地下1200mから湧き出る高濃度のナトリウム・カルシウム塩化物泉。源泉そのままのにごり湯が楽しめる岩風呂「金閣の湯」の他、源泉から鉄分を取り除いた透明な湯が満ちる「銀閣の湯」など多彩に揃う。

Data

  • 075-882-4126
  • 住所:京都市右京区嵯峨野宮ノ元町55-4-7
  • 営業時間:10時~深夜1時(最終受付深夜12時)
  • 定休日:第3月曜(祝日の場合は翌日)
  • 料金:大人1050円、4歳~小学生500円、3歳以下無料
  • 交通:嵐電有栖川駅より3分
  • ●入れ墨、タトゥー、タトゥーシールのあるお客様、並びに泥酔されたお客様のご入館はお断りしております。万一入館された場合は退館していただきます。
  • ●Guests who have tattoos or temporary tattoo stickers, or are heavily intoxicated will not be admitted. In the event that such a guest is admitted, he or she will be asked to leave.
  • 露天風呂エリア。館内にはレストランや寝ころび処も

ボディソープ&シャンプー、タオル販売もあるので手ぶらでOK

嵐山観光の締めは温泉で
冷えや疲れを吹き飛ばそう。

京都 嵐山温泉 湯浴み処
風風の湯ふふのゆ

2013年にオープンした、京都嵐山温泉公認の日帰り温泉施設。館内には野趣あふれる露天風呂と広々とした内湯、サウナが揃い、泉質は疲労回復や美肌に効果があると言われる透明な弱アルカリ性の単純泉。お休み処には漫画やマッサージチェアもあり、観光の疲れをゆったり癒せる。

Data

  • 075-863-1126
  • 住所:京都市西京区嵐山上河原町1
  • 営業時間:12時~22時(最終受付21時30分)
  • 定休日:なし(休館日あり)
  • 料金:平日/大人1000円、3歳~小学生600円、2歳以下300円
  • 土日祝/大人1200円、3歳~小学生600円、2歳以下300円
  • 交通:嵐電嵐山駅より10分、阪急嵐山駅より1分
  • 明るい休憩スペース。売店ではお菓子や軽食の販売も

嵐電嵐山駅ホームにある足湯でほっこり

嵐山温泉「駅の足湯」

冬至の日にはゆず湯が楽しめることも

嵐電嵐山駅ホームには嵐山温泉を使用した足湯が!行き交う電車とキモノフォレストを眺めながらのんびり温まってみては?

  • 利用料金:一人200円(オリジナルタオル付)
  • 利用券販売場所:嵐山駅インフォメーション
  • 営業時間:9時~20時(冬季は18時まで)
小寒&大寒に訪れたい…
こよみを楽しむお出かけレシピ

福を呼び込む「節分会」で
春を迎える準備を。

壬生狂言「節分」の上映は2/2と3日の両日共に13時~20時までで8回上演される

ユーモラスな「壬生狂言」の上演や
厄除け開運の「ほうらく奉納」。

壬生寺みぶでら 節分会

開催日程:2/2(金)~4(日)

毎年、多くの人で賑わいをみせる壬生寺の節分会。重要無形民俗文化財に指定される「壬生狂言」の上演では、演者が仮面を被りユニークな動きをして仏の教えを説いてくれる。また厄除け祈願の「ほうらく奉納」も有名で、素焼きの皿に家族の名前や願い事を書いて納めると、壬生狂言の上演中に舞台から落として割られることで厄除け・開運となるといわれる。

Data

  • 075-841-3381
  • 住所:京都市中京区坊城仏光寺北入る
  • 節分会の開催時間:9時~20時
  • 交通:嵐電四条大宮駅より7分
  • ほうらく奉納は2/2~4日の3日間で奉納できる。
    期間中は屋台が並び賑やか!

寄り道したい、こよみスイーツ

1月11日の鏡開きには
ぜんざいを食べる風習も。

甘春堂 嵯峨野店(嵐山店)

販売期間:11月中旬~4月

お正月にお供えしていた鏡餅を下げて食べる「鏡開き」では、無病息災を願い「ぜんざい」にして食べることが多い。甘春堂のぜんざいは、極上の京都丹波大納言と近江餅を使用した極上品で、店併設の茶房「しほり」で食べることができるほか、取寄せも可能。

Data

  • 075-861-5488
  • 住所:京都市右京区嵯峨釈迦堂大門町1-1
  • 営業時間:9時~17時30分 ※茶房は10時〜17時
  • 定休日:なし※冬は臨時休業(水曜)あり、元旦は休み
  • 交通:嵐電嵐山駅より12分
  • おぜんざい2人前918円
    美味しさにこだわり賞味期間は約20日程度

Copyright © Keifuku Electric Railroad Co.,Ltd. All Rights Reserved.