新着情報Latest information

6月25日の北野の天神さん(縁日と茅の輪くぐり)

ブログ2017年06月25日(日)

毎月25日、北野天満宮ではご祭神菅原道真公がお生まれになり、またお亡くなりになった日が25日であったことに由来し、参道には露天が並び縁日が開かれています。

6月25日は、「夏越祓」にちなみ、茅の輪が2か所に設置されました。(茅の輪くぐりは6月30日まで)

そもそも「夏越祓」は一年の半分が過ぎる6月に30日に半年間の災いなどをぬぐい祓い、残り半年間を元気に無事に過ごせることを願うそうです。

今日は「梅雨」を実感できるようなお天気でしたが、縁日もあり、多くのご参拝者が茅の輪くぐりを行っておられました。

一の鳥居には「夏越の大祓」の大きなのぼりが立つてられていました。参道には露天が並んでいます。 ↓

楼門には大きな茅の輪が設置されています。 

三光門(重要文化財)まで茅の輪くぐりの順番を待つ列が続いていました。七夕さんの笹飾りも立てられていました。 ↓

社殿(国宝)に向かって茅の輪をくぐります。 ↓

どうぞ今年の残り半分を健やかに過ごせますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧にもどる