新着情報Latest information

北野天満宮の茅の輪くぐり

イベント2018年06月25日(月)~2018年06月30日(土)

学問の神様・菅原道真公を祀る北野天満宮では、道真公のご誕生と薨去(こうきょ)された日が25日であることに由来し、毎月25日に縁日が開かれています。

6月25日は夏越の祓にちなみ、京都で一番大きい茅の輪が設置され、本殿前にも「茅の輪くぐり」がご体験できる茅の輪が設置されました。

今出川通りに面する一の鳥居。今日は「天神さん」の日です。多くの露店と参拝者でにぎわっていました。

楼門に設置された大茅の輪です。設置されたときは輪っかのように茅で覆われていましたが、この時点では下半分の茅が抜かれていました。お持ち帰り用の茅の輪は授与所でお求めいただけます。

大茅の輪をくぐり、さらに三光門をくぐると本殿前に背丈位の茅の輪が設置されています。こちらでは「茅の輪くぐり」の作法にのっとり参拝者の皆さんが「茅の輪くぐり」を体験されていました。

今日は、伝統芸能「猿まわし」を見ることができました。口上の方が「茅の輪くぐって厄祓い、厄がさる」と述べられていました。

今日の京都は真夏日。

茅の輪くぐりは6月30日(土)までです。

今年1月から6月までの半年間厄を祓い、残り半年間を元気に無事に過ごせますように!

 

 

 

 

 

一覧にもどる

カテゴリ

お知らせ

イベント

ブログ