新着情報Latest information

「らんでんすもすもプロジェクト」始めました

お知らせ2018年08月28日(火)

嵐電沿線が、「住んでみたい・行ってみたい」と思っていただける魅力と活力ある地域であり続けるよう、京福電気鉄道は「沿線深耕」をテーマにさまざまな取組みを開始しています。「らんでんすもすもプロジェクト」とは、沿線地域に住む人を少しでも増やしていこう、嵐電沿線に住もう!、というプロジェクトです。 具体的には、嵐電沿線の空き家を当社が借り上げ、または買い取り、リノベーションを行います。特に、子育て世代向けの住宅として賃貸・販売を行って、沿線地域の活性化と賑わい創出を目指していきます。らんでんすもすもプロジェクトの詳細は公式サイトをご覧ください。

【公式サイト】https://ransumo.com/

【めぐるたび 新しい京都】等持院・妙心寺特別参拝〜初秋の特別禅寺体験

お知らせ2018年08月17日(金)

多数のお申し込みありがとうございました。受付は終了いたしました。

【めぐるたび 新しい京都】等持院・妙心寺特別参拝〜初秋の特別禅寺体験

「めぐるたび 新しい京都」は、嵐電沿線のお奨めスポットのご案内や特別参拝を定員制・事前申込制で心ゆくまでお楽しみいただけるシリーズ企画です。普段は公開されていない寺院や、夜間拝観、あまり知られていない素敵な場所などをご紹介いたします。めぐるたび、新しい京都に出会ってみませんか。

今回は嵐電北野線にある等持院と妙心寺の特別参拝を実施いたします。足利家の菩提寺であり、夢窓国師が作庭したとされる池泉回遊式庭園が美しい臨済宗天龍寺派の寺院「等持院」。広大な境内に46もの塔頭が建ち並び、巨匠絵師の狩野探幽が描いた八方睨みの雲龍図が迫力の妙心寺派の大本山「妙心寺」で僧侶による法話や境内案内、非公開施設の公開など、通常とは違った特別参拝で禅の世界を体験いただきます。ご昼食は京料理「萬長」にて四季折々の旬の食材を使用した幕の内「松華堂」弁当をお召し上がりいただきます。

【実施日】2018年9月15日(土)

【当日スケジュール】
  9:50=嵐電 四条大宮駅集合
10:04=嵐電で四条大宮駅出発
10:31=等持院駅到着、徒歩で等持院へ
10:45=等持院特別参拝(法話・お抹茶)/ 終了後、徒歩で等持院駅へ
11:42=嵐電で等持院駅から妙心寺駅へ、徒歩で京料理 萬長へ
11:50=京料理 萬長にて松華堂の昼食 / 終了後、徒歩で妙心寺へ
13:00=妙心寺特別参拝(僧侶による案内)
・大方丈・大庫裡・法堂・浴室・玉鳳院・開山堂
15:00=現地解散(予定)

【参加費】5,700円(消費税込)
(等持院参拝料+妙心寺参拝料+ご昼食+お抹茶+嵐電1日フリーきっぷ含む)
【募集人員】30名様(定員に達し次第、受付を終了いたします)

【お申し込み方法】
参加ご希望のお客様は下の「お申し込みはこちらから!」よりお申し込みいただけます。ご参加希望日にチェックを入れ、受付登録をお願い致します。参加費のお支払方法はクレジットカード払いのみとなります。

お申し込み完了後に自動送信メールをお送りしております。携帯電話のメールアドレスでは受信できない場合がございますので設定のご確認をお願い致します。お申し込み後に返信メールが届かない場合はお手数ですが京福電鉄沿線深耕担当(075-277-2877)までお問い合わせください。

【等持院】嵐電沿線の古刹で、足利家の菩提寺であり、足利尊氏の墓所です。山門をくぐり、庫裡に入って、書院にて抹茶を頂きながら、僧侶の法話をお楽しみ頂きます。その後は、夢窓疎石作の池泉回遊式庭園の芙蓉池をご自由に拝観して頂きます。※足利歴代将軍の木像を安置している「霊光殿」は耐震補強工事中のため、残念ながら今回はご参拝いただくことができません。予めご了承ください。

【妙心寺】臨済宗妙心寺派の大本山で広大な敷地に豪壮な塔頭寺院が立ち並ぶ、独特の「建造物の寺院」です。僧侶の案内・説明付にて参拝して頂きます。
・大庫裡=通常非公開の200人分の御飯が炊けるかまどや映画の撮影に良く使用される大廊下等
・大方丈=狩野探幽の障壁画(襖絵)等
・法 堂=狩野探幽筆の雲龍図(八方睨みの龍)と日本最古の梵鐘
・浴 室=明智光秀の叔父密宗和尚が建立した「明智風呂」と呼ばれている蒸し風呂
・玉鳳院・開山堂=通常非公開の妙心寺の開山無相大師を祀る妙心寺で最も古い建造物で、最も神聖な場所

【京料理 萬長】妙心寺北門前の京料理「萬長」にて、四季折々の地元の旬の素材を使った幕の内「松華堂」弁当を召し上がって頂きます。

 

一覧にもどる