ぶらり西院さい発見!

西院駅から出かけよう

第1回 /
さくら咲く嵐電 お花見スポット

嵐電桜のトンネル

この時期にだけ現れる、ロマンティックな風景

桜トンネル

嵐電北野線の鳴滝駅と宇多野駅間に約70本のソメイヨシノの桜並木が200m続く、通称「桜のトンネル」があります。期間限定で線路両脇に咲く桜のライトアップを行い、車内から夜桜を楽しめる夜桜電車も運行。雰囲気がガラリと変わる桜をお楽しみください。

ライトアップ時間:18:30〜20:20頃(夜桜電車の運行に合わせて) 詳しくはこちら
運行に関するお問い合わせ:075-801-2511(京福電鉄運輸課)

アクセス:西院駅から鳴滝駅まで約17分
嵐電北野線「鳴滝」~「宇多野」駅

仁和寺

間近で観賞&遅めのお花見ならここ

仁和寺

ユネスコの世界文化遺産にも登録されている真言宗御室派総本山の仁和寺。境内中門内の西側に、遅咲きで有名な「御室桜」の桜林があります。樹高、つまり花(=鼻)が低いため、別名「お多福桜」とも呼ばれて親しまれています。

拝観時間:8:30〜17:30(受付17:00まで)
御室桜の開花状況は仁和寺のホームページ
仁和寺お問い合わせ:075-461-1155

アクセス:西院駅から御室仁和寺駅まで約20分
嵐電北野線「御室仁和寺」駅より徒歩約3分
嵐電1日フリー切符特典あり 拝観料1割引

平野神社

桜を愛でながら多彩な催しが楽しめる神社

平野神社

桜の社紋、桜の神社としても有名な平野神社の境内には、約60種の約400本もの桜が植えられており、様々な桜が楽しめます。桜の見頃時期に数日間行われる「桜コンサート」や、毎年4月10日に行われる「桜花祭(おうかさい)」などのイベント行事もおすすめです。

拝観時間:6:00〜21:00(4月20日まで)
平野神社桜コンサート詳細(平野神社HP
桜花祭:4月10日(平野神社HP
平野神社お問い合わせ:075-461-4450

アクセス:西院駅から北野白梅町駅まで約25分
嵐電北野線「北野白梅町」駅より徒歩約7分
嵐電1日フリー切符特典あり おみくじ一回無料授与

嵐山

桜といえば見逃せない、京都を代表するエリア

嵐山

古くから歌枕として詠まれるほど桜と紅葉の名所として名高く、渡月橋を従えた山桜の眺めは風情たっぷり。桂川沿いや近隣の社寺の桜など見どころいっぱいのエリアです。「嵐山」の起源とも言われる、愛宕山から吹き下ろす風に嵐のように舞う桜が見られるかも。

アクセス:西院駅から嵐山駅まで約21分
嵐電嵐山本線「嵐山」駅より徒歩約2分

天神川

地元民だけが知る、隠れた桜の名所

天神川

ご近所の方々に愛される、知る人ぞ知る穴場の桜スポット。天神川にせり出すように五条から三条まで桜並木が続くその様子は圧巻です。川沿いの遊歩道をのんびり散策するのがおすすめです。

アクセス:西院駅から嵐電天神川駅まで約7分
嵐電嵐山本線「嵐電天神川」駅より南へ

ちょこっと嵐電さい遊記

「さいいん」?「さい」?地名の起源

平安時代、現在西院駅のある場所から少し西へ行った佐比大路(現:佐井通)と四条大路(現:四条通)が交わるあたりに、淳和(じゅんな)天皇の離宮がありました。その所在地が皇居の西の方角に当たることから、別名「西院(さいいん)」と呼ばれて付近一帯の地名となり、さらに佐比大路に近いことから「さい」とも呼ばれるようになったと言われています。

また、同じく平安時代にこの辺りは風葬の地とされており、当時は川が流れる広い河原だったことから「西院(さい)の河原」と呼ばれたという説もあるそうです。地名の「さい」が、幼くして死んだ子どもたちを地蔵菩薩が救う「賽の河原地蔵和讃(さいのかわらじぞうわさん)に登場する賽の河原の「さい」に通じ、近くの高山寺に安置された子安地蔵尊がこの地蔵菩薩に重ね合わせられ、特に江戸時代頃から信仰を集めたとも言われています。

今回ご紹介のスポットはこちら