新着情報Latest information

<終了>「aRound162プロジェクト」

お知らせ2021年10月29日(金)

<「aRound162プロジェクト」>
公益社団法人 京都市観光協会(DMO KYOTO)は、観光庁「既存観光拠点再生・高付加価値化推進事業<自治体・DMO型>」の採択を受け、分散観光や新たな観光ニーズへの対応を目的として、京都観光の起点である京都駅から、国道162号(R162)方面にある嵯峨嵐山・高雄・京北エリアを「aRound162エリア」と捉え、当該エリアの観光事業者や地域を運行する交通事業者と連携した各種実証、イベント等を開催する事業を行います。事業を通じて、安心・安全な観光を前提として「Well-being」※な体験ができる市内随一のエリアとして地域のブランドイメージ向上、安心・安全な移動手段や滞在拠点の発信等に取り組みます。
※Well-beingは”持続的な幸福感”とも表現され、世界中で注目を浴びている「健康」と「観光」を組み合わせた観光スタイルです。(ウェルネスツーリズムと呼ばれることもあります)
この事業の公式サイトはこちらです。

<嵐電は「交通機関の混雑見える化 実証事業」で「aRound162プロジェクト」に参画しています>
 11月1日(月)~11月21日(日)の期間、車両の乗降口にセンサーカメラを設置し、車内の人流情報の収集を行い、収集した情報をリアルタイムで表示する実証事業を行います。
 ◎車内の乗車状況はこちらのWEBページからご覧いただけます
  ※本実証事業で得られるデータ等は、実証期間終了後分析を行い、今後のより効果的な混雑対策のために活かす予定です。
  ※センサーカメラでは、人数の測定のみを実施し、お客様の風貌や人物の特定を示す内容および個人の特定につながる情報は収集しません。


 

 

一覧にもどる

カテゴリ

お知らせ

イベント

ブログ