新着情報Latest information

TOP  >  新着情報  >  ブログ

「フジバカマを挿し芽で増やそう」プロジェクト開始

ブログ2021年05月22日(土)

本日5月22日(土)、立命館大学衣笠キャンパスにて、立命館大学の学生(教授含む)・京福電鉄の職員・「嵐電沿線協働緑化プロジェクト」メンバー(地域の方々)とともに、
京都府で絶滅寸前種に指定されている「フジバカマ」を増やすプロジェクトを開始しました。

本日の工程は「挿し芽」といわれるやり方で増やす方法です。

まずは土台となる土づくりから

元の茎から節1つ毎に切り

葉の蒸散作用を抑制し、挿し芽の負担を軽減するために、葉っぱの先を1/3程度カットします。

根っこが出やすいよう挿し芽に発根促進剤を塗布して、ポットへ植えていきます。

この先およそ3週間ほどで発根しますが、その間は用土が乾かないように水を十分に与えなければなりません。

今後の予定では、定植しだした7月頃に鉢植えや地植えにし、花の開花時期である10月頃には立命館大学のキャンパス内ほか
嵐電の駅ホームで見かけることができるかと思います。

個の力ではとても実現できないプロジェクトですが、産学をはじめ地域の皆様と連携し、1つの目標に向かって取り組んでまいります。

「地域のみんなで、フジバカマを保全し、未来へ繋ごう~アサギマダラが来る街へ~」※アサギマダラはフジバカマの花から吸密するチョウ

また、「嵐電沿線協働緑化プロジェクト」では今後の活動も公式インスタグラムで発信してまいります。
 


 

一覧にもどる

カテゴリ

お知らせ

イベント

ブログ