みどころを見たい駅をえらぶ

  • 嵐山本線
  • 北野線

沿線みどころ案内Wayside Guide


四条大宮

壬生寺

新選組ゆかりの寺でもあり、暗殺された芹沢鴨・隊士7名の墓がある

律宗の大本山の寺院。本尊は延命地蔵菩薩で厄除・開運の寺として信仰を集めている。
新選組ゆかりの寺でもあり、境内東方には壬生塚があり、局長近藤勇の胸像・遺髪塔、暗殺された芹沢鴨・隊士7名の墓がある。 円覚上人が仏の教えを身振り手振りで説いた無言劇が壬生大念仏狂言として現在に伝えられている。

住所 京都府京都市中京区坊城通仏光寺上ル
問い合わせ 電話:075-841-3381 ファックス:075-841-4481
アクセス 四条大宮駅より徒歩約5分Googleマップ
嵐電1日フリー切符特典 特別拝観用 案内パンフレット進呈
嵐電1日フリー切符についてはこちら

元祇園梛神社

八坂神社の古址 元祇園社

スサノオノミコトほかを祭神とし、貞観11年(869年)京都に疫病が流行したとき、祭神の神霊を梛の林の中に祀ったことが神社の始まり。後に神霊を八坂に遷祀したとき、花を飾って風流傘を立て鉾を振り音楽を奏でて八坂に送った。これが祇園祭傘鉾の始まりで、元祇園と呼ばれるようになった。

住所 京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町18-2
問い合わせ 電話:075-841-4069 ファックス:075-841-4069
アクセス 四条大宮駅より西へ700mGoogleマップ

八木邸

新撰組発祥の地 壬生屯所跡

新選組の壬生屯所旧跡として知られている。
近藤勇・土方歳三・沖田総司らの宿所であった。新選組三大内部抗争の一つ芹沢鴨暗殺の場で、奥座敷には刀傷が現存する。

住所 京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町24
問い合わせ 電話:075-841-0751
アクセス 四条大宮駅より徒歩10分Googleマップ

阪急大宮駅

当駅と阪急大宮駅が結節

阪急電車大宮駅が近接しており、阪急電車ご利用のお客さまの乗換え駅。

住所 京都府京都市下京区四条大宮町
アクセス 四条大宮駅より徒歩約1分

西院

西院春日神社

平安離宮淳和院鎮護の杜

平安離宮淳和院鎮護の杜。病気平癒、災難厄除の大神。平安の初め、淳和天皇の皇女が天然痘を患われた時、春日大神に祈願されたところ、ご神前の石が代わりに疱瘡を生じ、皇女の病が治ったと伝えられる霊石「疱瘡石」がある。

住所 京都府京都市右京区西院春日町61
問い合わせ 電話:075-312-0474 ファックス:075-312-2670
アクセス 西院駅より徒歩約3分Googleマップ
嵐電1日フリー切符特典 「福種」進呈
嵐電1日フリー切符についてはこちら

日照山高山寺

本堂に子安地蔵と呼ばれる地蔵菩薩を安置

平安時代に淳和天皇が佐比大路(さいおおじ)に面したこの地に離宮を建てたが、後に荒廃し紙屋川(天神川)の河原となり、河原には遺児が捨てられるようになり、「西院の河原(さいのかわら)」として有名になった。
この寺には、近くにあった御土居の下から発見された地蔵仏が数多く祀られている。

住所 京都府京都市右京区西院高山寺町
問い合わせ 電話:075-311-1848
アクセス 西院駅より西へ200mGoogleマップ

阪急西院駅

当駅と阪急西院駅が結節

阪急電車西院駅が近接しており、阪急電車ご利用のお客さまの乗換え駅。


西大路三条

島津製作所

創業130年を超える京都の老舗企業

創業130年を超える京都の老舗企業で、精密機器・計測器・医療機器・航空機器等を製造する日本の最先端科学技術企業の一つであり、この地に本社・工場等が立ち並んでいる。2002年には、田中耕一氏がノーベル化学賞を受賞した。

住所 京都府京都市中京区西ノ京桑原町1番地
問い合わせ 電話:075-823-1111(代表)
アクセス 西大路三条駅より西へ徒歩3分Googleマップ

山ノ内

山王神社

日吉大社の神霊を分祀したのが由来

平安時代末期頃、比叡山延暦寺の寺領地である日吉大社の神霊を分祀したのが始まり。境内には、水琴窟、親鸞上人が全国行脚・布教したときに座ったと言われる足跡石・座石がある。また、男岩・女岩両方の石をなでて子育てを祈願しながら周囲を3回まわると子供が授かるといわれている夫婦岩がある。

住所 京都府京都市右京区山ノ内宮脇町5
問い合わせ 電話:075-821-0934
アクセス 山ノ内駅より徒歩約3分Googleマップ

猿田彦神社

京洛三庚申の一つに数えられる洛西の旧社

山ノ内庚申と言われ、京洛中三庚申の一つ。祭神の猿田彦大神は、道ひらきの神・人生の道案内の神として信仰されている。庚申日には祭礼が行われ、特に1月の初庚申では火焚神事が行われる。

住所 京都府京都市右京区山ノ内荒木町3
問い合わせ 電話:075-802-4359
アクセス 山ノ内駅より西へ400mGoogleマップ

嵐電天神川

SANSA右京

右京区の新しい複合施設「SANSA右京」

右京区総合庁舎(区役所・福祉事務所・保健所)、京都市交通局本庁舎、右京地域体育館、右京中央図書館が入居する複合施設。
右京中央図書館は京都市で一番大きな図書館で、約3000平方メートルの広さと、約30万冊の蔵書がある。

住所 京都府京都市右京区太秦下刑部町12番地
問い合わせ 右京区役所 区民部 総務課
電話:075-861-1784 ファックス:075-872-5048
アクセス 嵐電天神川駅よりすぐGoogleマップ

地下鉄太秦天神川駅

当駅と太秦天神川駅(京都市営地下鉄東西線)が結節

京都市営地下鉄東西線「太秦天神川」駅の乗換え駅で、京都を代表する観光地である嵐山・東山方面が鉄道で結ばれ、また、京阪大津線にて、大津・びわ湖方面とも鉄道で結ばれ、大変便利である。


蚕ノ社

木島神社

三柱鳥居で有名な神社

天之御中主神(あまのみなかぬしのかみ)他4柱を祭神として、正式には木島坐天照御魂(このしまにまずあまてるみたま)神社といい、創建時期は不明であるが、秦氏による広隆寺創建とともに勧請されたという伝承もある。

養蚕神社

境内東には、織物・染色の守護神、養蚕(こかい)神社があり、通称名「蚕ノ社」という。

元糺の池

本殿左側にある神池で、禊を行って心身を清める場所であって、土用の丑の日にこの池に手足を浸すと諸病にかからないという伝説がある。

三柱鳥居

この神池には珍しい特異な形の三柱鳥居があり、鳥居の中心は宇宙の中心を表しており、四方より拝すことができるよう建立されたという。

住所 京都府京都市右京区太秦森ケ東町50-1
問い合わせ 電話:075-861-2074
アクセス 蚕ノ社駅より徒歩約3分Googleマップ

太秦広隆寺

広隆寺

平安京遷都以前から存在する京都最古の寺院

真言宗単立の寺院で蜂岡寺との別称がある。帰化人の豪族秦河勝が、聖徳太子から仏像を賜り、それを御本尊として建立した京都最古の寺院である。
国宝第1号の弥勒菩薩半跏像を蔵することで知られている。

住所 京都府京都市右京区太秦峰岡町32
問い合わせ 電話:075-861-1461
アクセス 太秦広隆寺駅より徒歩約3分Googleマップ

東映太秦映画村

時代劇の登場人物に変身

1975年、日本映画のふるさと・太秦の地にオープンした映画のテーマパーク。時代劇でお馴染みのオープンセットを見学できるほか、迫力の忍者ショーや殺陣ショー、子供たちに人気のキャラクターショーなどが行われている。 そして、オープンセットでは、実際の撮影を見ることも・・・・また、舞妓・姫・殿様など、時代劇の登場人物に変身できる扮装スタジオもある。

住所 京都府京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10
問い合わせ 電話:075-864-7716 イベントガイド:075-864-7788
アクセス 太秦広隆寺駅より徒歩約5分Googleマップ
嵐電1日フリー切符特典 入村料 大人200円割引 中高生・子供100円割引
嵐電1日フリー切符についてはこちら

大酒神社

太秦地区の豪族秦氏の総鎮守

昔は広隆寺の境内に鎮座し、太秦地区の豪族秦氏の総鎮守であり、秦始皇帝・弓月王、秦酒公の3柱を祀っている。

住所 京都府京都市右京区太秦蜂岡町30
アクセス 太秦広隆寺駅より東側道300mGoogleマップ

帷子ノ辻

蛇塚古墳

京都府下最大の横穴式石室を持つ前方後円墳

京都府下最大の横穴式石室を持つ前方後円墳。被葬者は広隆寺の創建者秦河勝ではないかと言われている。墳丘の長さは約75m、石室の全長は17.8mで明日香村の石舞台古墳に匹敵する大きさである。

住所 京都府京都市右京区太秦面影町
問い合わせ 電話:075-222-3111(京都市文化財保護課)
アクセス 帷子ノ辻駅より徒歩約10分Googleマップ

JR太秦駅

当駅とJR太秦駅が結節

JR嵯峨野線「太秦」駅が北へ300mのところにあり、仁和寺・龍安寺等へはここで嵐電北野線に乗り換えるのが便利。


有栖川

斎宮神社

皇女が野宮を建てた有栖川禊の旧跡

斎宮とは伊勢神宮に仕える未婚の皇女のことで、天皇即位に際し選ばれた皇女は、まず宮城内の初斎院で潔斎し、その後、川で禊・祓を行ったと伝えられ、この神社は、有栖川禊の旧跡である。境内になる椋の神木は樹齢数百年で板根は2m近い。三条通りにも同じく椋の大木が2本あって、社地の広さを物語っていたが、交通量の激増により、昭和35年に伐採された。

住所 京都府京都市右京区嵯峨野宮ノ元町34
問い合わせ 電話:075-882-4126
アクセス 有栖川駅より南西へ徒歩4分Googleマップ

天山の湯

駅近 日帰り温泉

嵯峨野温泉のスーパー銭湯。嵐電「有栖川」駅から徒歩3分。

住所 京都府京都市右京区嵯峨野宮ノ元町55番4
アクセス 有栖川駅より徒歩3分Googleマップ

車折神社

車折神社

後嵯峨天皇が贈った「車折大明神」の神号と正一位の神階

平安時代後期の儒学者清原頼業(きよはらのよりなり)を祭神とする。社名「車折」は後嵯峨天皇が大堰川遊幸の際、社前で突然車が動かなくなり、社の者に聞いたところ、頼業公を祀ると答えがあったので後に「車折大明神」の神号と正一位の神階贈ったためと言われている。
画家富岡鉄斎が一時宮司を務めたことがあり、鉄斎の作品が多く「車軒文庫」として管理されている。毎年5月第3日曜日に「三船祭」が行われ、嵐山の大堰川で平安時代の船遊びが再現されている。

芸能神社

境内社の一社で、天守受売命(あめのうすめのみこと)が祭神。あるとき天照大御神が天の岩戸に入り固く扉を閉ざされたため、この世が暗闇になってしまった。天守受売命が岩戸の前で大いに演舞されたところ、大御神は出て来られ、この世は再び光を取り戻したという故事に基づき芸能・芸術の神として信仰がある。境内には芸能の分野で活躍されている名を記した朱塗りの玉垣が2000枚以上奉納されており、著名人の物も多くある。

住所 京都府京都市右京区嵯峨朝日町23
問い合わせ 電話:075-861-0039 ファックス:075-872-0670
アクセス 車折神社駅より南へすぐGoogleマップ
嵐電1日フリー切符特典 おみくじ1回無料授与
嵐電1日フリー切符についてはこちら

鹿王院

鹿王院

足利義満が開基した臨済宗の寺院

足利義満が開基した臨済宗の寺院。本尊は釈迦如来。本堂は、本尊である釈迦如来坐像を安置する仏殿であるとともに、開山の春屋妙葩の塔所。舎利殿には多宝塔を安置している。舎利殿前に広がる庭園は、嵐山を借景として苔で覆われ石組と植え込みを配した平庭式枯山水庭園。

住所 京都府京都市右京区嵯峨北堀町24
問い合わせ 電話:075-861-1645
アクセス 鹿王院駅より南西へ徒歩2分Googleマップ
嵐電1日フリー切符特典 拝観料 1割引
嵐電1日フリー切符についてはこちら

油掛け地蔵

油をかけて祈願する花崗岩で作られた大きな石仏

高さ170cm程の花崗岩で作られた大きな石仏。表面は黒く汚れて顔もはっきり判らないが、油をかけて祈願する。江戸時代に油売り商人が油をかけて祈願した風習が、一般庶民にも浸透し現在に至っているのではないかと言われている。

住所 京都市右京区嵯峨天龍寺油掛町30
アクセス 鹿王院駅より北へ約340mGoogleマップ

嵐電嵯峨

長慶天皇嵯峨東陵

宮内庁によって当地が御陵墓と定められた

長慶天皇は、南北朝時代の南朝第3代の天皇で、後村上天皇の第1皇子。長慶天皇の御陵と伝えられている地は全国に200箇所もあると言われているが、昭和19年宮内庁によって当地が御陵墓と定められた。

住所 京都府京都市右京区嵯峨天竜寺角倉町
アクセス 嵐電嵯峨駅より南へ徒歩2分Googleマップ

安倍晴明墓所

平安時代中期の陰陽師として有名な安倍晴明の墓所

平安時代中期の陰陽師として有名な安倍晴明の墓所が、長慶天皇嵯峨東陵の南側にある。
毎年9月26日の安倍晴明の命日には、晴明神社によって嵯峨墓所祭が執り行われている。

住所 京都府京都市右京区嵯峨天竜寺角倉町
アクセス 嵐電嵯峨駅より南へ徒歩2分Googleマップ

トロッコ嵯峨駅

トロッコ列車ご利用のお客さまの乗換え駅

嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車の始発駅。トロッコ列車ご利用のお客さまの乗換え駅。

嵐電1日フリー切符特典 オリジナルグッズ進呈(冬季運休)
嵐電1日フリー切符についてはこちら

JR嵯峨・嵐山駅

JR嵯峨野線「嵯峨・嵐山」駅ご利用のお客さまの乗換え駅

JR嵯峨野線「嵯峨・嵐山」駅ご利用のお客さまの乗換え駅。


嵐山

渡月橋

亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る」と言ったことから名付けられた

大堰川に架かる橋で、承和年間(834~848)に僧、道昌が架橋したのが始まりとされ、現在位置には後年角倉了以が架けたとされる。
橋脚は鉄筋コンクリート製だが、欄干部分は景勝地の嵐山の風景に溶け込むように木造となっており、嵐山を象徴する橋である。渡月橋とは、亀山上皇が橋の上空を移動して行く月を眺めて「くまなき月の渡るに似る」と言ったことから名付けられた。

住所 京都府京都市右京区嵯峨天竜寺造路町
アクセス 嵐山駅より徒歩5分Googleマップ

駅の足湯

平成16年春に嵐山温泉が開湯したことを記念して、同年9月に完成した

平成16年春に嵐山温泉が開湯したことを記念して、JR九州由布院駅をモデルに同年9月に完成した。
平成17年11月には、JR九州由布院駅の足湯と姉妹提携を締結した。足湯の入口左側には、額にハートマークがある「ふれ愛地蔵」があり、足湯にて人と人のふれあい・皆さまの幸せを願う地蔵です。

住所 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町20
お問い合わせ 電話:075-873-2121(嵐山駅インフォメーション)
アクセス 嵐山駅構内Googleマップ
嵐電1日フリー切符特典 利用料50円割引
嵐電1日フリー切符についてはこちら

天龍寺

足利尊氏が嵐山を背景とする亀山離宮を禅寺に改めたのが始まり

臨済宗天龍寺派の大本山。1339年、時の将軍足利尊氏公が後醍醐天皇の霊を慰めるため、亀山離宮を禅寺に改めたのが始まり。嵐山・亀山・小倉山を借景とする池泉回遊式の曹源池庭園は、開山夢窓疎石の作庭で国の史跡・特別名勝指定の第1号。
平成6年にはユネスコから世界文化遺産に認定登録された。
また、明治時代に旧坐禅堂(選仏場)を移築した法堂の天井には、平成9年に日本画家加山又造画伯によって直径9mの円相に「雲龍図」が描かれている。

住所 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
お問い合わせ 電話:075-881-1235
アクセス 嵐山駅より北へすぐGoogleマップ
嵐電1日フリー切符特典 「禅のしおり」進呈
嵐電1日フリー切符についてはこちら

宝厳院

臨済宗大本山天龍寺の塔頭寺院の一つ

臨済宗大本山天龍寺の塔頭寺院の一つで、寛政2年(1461)細川頼之により、夢窓国師より三世の法孫にあたる聖仲永光禅師を開山として創建された。庭園「獅子吼の庭」は、嵐山を巧みに取り入れた回遊式山水庭園で、江戸時代の京都の名所名園案内記と称すべき「都林泉名勝図会」にも掲載された名園であり、紅葉の名所として名高い。 本年、本堂が再建されたことを記念して、田村能里子画伯により障壁画「風河燦燦三三自在」を描かれた。

住所 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36
お問い合わせ 電話:075-861-0091 ファックス:075-861-0034
アクセス 嵐山駅より北へすぐGoogleマップ
嵐電1日フリー切符特典 (特別拝観期間中)オリジナルポストカード進呈
嵐電1日フリー切符についてはこちら

竹林の道

青々と茂る竹のトンネルの道

天龍寺から野宮神社に向かって行くと、サスペンスドラマやCMなどでよく登場する緑の光景が目の前に現れる。 道を覆うように青々と茂る竹がそそり立ち、昼間でもほの暗い竹のトンネルの道がある。

二尊院

紅葉の名所として名高い天台宗の寺院

平安時代初期に嵯峨天皇が慈覚大師を開祖として建立した天台宗の寺院。本堂右に釈迦如来像、左の阿弥陀如来像の二本尊を安置しており、「二尊院」の名もここから名付けられたらしい。正式名称は「小倉山二尊教院華台寺」という。
山復には戦国期の京都の豪商で、大堰川や高瀬川の開削を行い、「水運の父」として有名な角倉了以、俳優の阪東妻三郎の墓がある。伏見城から移築された荘厳な総門をくぐると「紅葉の馬場」と呼ばれる参道があり、紅葉の名所として名高い。

住所 京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27
お問い合わせ 電話:075-861-0687
アクセス 嵐山駅より徒歩20分Googleマップ
嵐電1日フリー切符特典 「人生訓」授与
嵐電1日フリー切符についてはこちら

宝筐院

紅葉の美しさには定評あり

臨済宗の寺院。本尊は木造十一面千手観世音菩薩像。室町幕府2代将軍足利義詮と南朝の忠臣楠木正行の菩提寺。
紅葉の美しさには定評があり、テレビ・雑誌等多くのメディアで紹介されている。 庭園は、紅葉シーズン以外でも、四季折々の花が咲き、旅情が楽しめる。

住所 京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町9-1
お問い合わせ 電話:075-861-0610
アクセス 嵐山駅より徒歩約15分Googleマップ

祇王寺

「平家物語」悲哀の尼寺

真言宗大覚寺派の寺院。「平家物語」悲哀の尼寺として知られる。元々は浄土宗の僧・良鎮が創建した往生院の跡を引き継いで、今日に至る。
また、源氏物語には平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王と仏御前が出家のため入寺したとして知られている。
竹と楓に囲まれた苔の庭には、春には桜、秋には紅葉が咲き、季節の旅情を誘う。

住所 京都府京都市右京区嵯峨鳥居本小坂32
お問い合わせ 電話:075-861-3574
アクセス 嵐山駅より徒歩23分Googleマップ

法輪寺

京都西山・名勝嵐山の中腹にある「十三まいり」のお寺

京都西山・名勝嵐山の中腹にあり、「十三まいり」のお寺として知られている。本尊虚空蔵菩薩像は、嵯峨の虚空蔵さんとして古くから親しまれており、「今昔物語」「枕草子」「平家物語」等に記述され、智恵・福徳・技芸上達の守護として知られている。
また、「針供養」のお寺として、全国から信仰を集めている。
境内には、電気・電波を守護する鎮守社「電電宮」が祭祀されている。

住所 京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町68-3
お問い合わせ 電話:075-861-0069
アクセス 嵐山駅より南へ500mGoogleマップ

周恩来首相記念詩碑

日中両国友好のために尽くされた周恩来元首相の詩碑

故周恩来元首相は1917年に来日され、1919年までの青年時代の一時期を日本で過ごされ、京都にも滞在された。京都滞在中、周恩来首相は新しい思想を知り、暗い世界の中で一点の光のような感動を受け、1919年4月5日これを「雨中嵐山」という詩に表わした。
1978年8月、日中平和友好条約が調印され、この条約調印を永遠に記念し、子々孫々にわたる友好を願う心を表したいという声が巻き起こり、京都にゆかりの深い、日中両国友好のために尽くされた周恩来元首相の詩碑を建立しようと言う運びになった。
1979年4月16日 来日中であった故周恩来元首相未亡人を京都にお迎えして、除幕式を開催した。

住所 亀山公園内
アクセス 嵐山駅より徒歩約10分Googleマップ

角倉了以像

亀山公園の一角に建つ角倉了以像

大堰川沿いの高台にある亀山公園の一角に建つ。右手の鍬を持ち、眉間にしわを寄せて遠くを見つめる姿は凛凛しい。
1554年京都・嵯峨に生まれ、朱印船貿易などで財をなし、1606年大堰川を開削して丹波からの水上輸送ルートを確立させ、京都の近代の発展を支えた。
銅像は2代目であり、初代は大正元年に建立されたが、第2次世界大戦中に供出され、1988年に有志が新たに銅像を据えた。
隣の石碑には、「大堰川、高瀬川開削王、角倉了以翁銅像再建」と刻まれている。

住所 亀山公園内
アクセス 嵐山駅より徒歩約10分Googleマップ

野宮神社

縁結びの神様として、信仰が厚い野宮神社

野宮はその昔、天皇の代理で伊勢神宮にお仕えする斎王(皇女)が、伊勢へ行かれる前に身を清められたところである。
嵯峨野の清らかな場所を選んで建てられた野宮は、クヌギの木の皮を剥かないまま使用する黒木鳥居と小柴垣に囲まれた聖地であった。
その様子は源氏物語「賢木の巻」に美しく描写されている。
また、縁結びの神様として、信仰が厚い。

住所 京都府京都市右京区嵯峨野宮町1
お問い合わせ 電話:075-871-1972
アクセス 嵐山駅より徒歩5分Googleマップ
嵐電1日フリー切符特典 護摩木1本またはおみくじ1回無料授与
嵐電1日フリー切符についてはこちら

御髪神社

髪や化粧の日本で唯一の神社

理容・美容等の髪や化粧に携わる業の始祖を祭神する日本で唯一の神社である。
日本で最初の髪結い職を起こされた藤原采女亮政之(ふじわらのうねめのすけまさゆき)公を主神として、最も由縁の深い亀山天皇御陵に程近い小倉山の麓に祀り、境内には、皆様からの献髪を納祭した髪塚がある。

住所 京都府京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町10-2
お問い合わせ 電話:075-882-9771
アクセス 嵐山駅より徒歩8分Googleマップ

愛宕念仏寺

本尊は厄除千手観音、別名千二百羅漢の寺

天台宗の寺院。本尊は厄除千手観音。別名千二百羅漢の寺。愛宕山参道の山麓の入口に位置する嵯峨野めぐりの始発天として知られる。平安時代に廃寺同然を醍醐天皇の命により、天台宗の千観内供が復興した。千観が念仏を唱えていたことから愛宕念仏寺と改めた。その後は、興廃を繰り返し、最後は本堂・地蔵堂・仁王門を残すばかりとなった。1922年それらを移築して現在地での復興を目指すが失敗。あまりの荒れように、1955年天台宗本山から住職を命じられた西村公朝も引き受けるのをためらったが、清水寺貫主大西良慶の激励で、復興に取り掛かり、以来、仏師として全国を飛び回るかたわら、本堂・地蔵堂・仁王門などを整備した。
また、縁結びの神様として、信仰が厚い。

住所 京都府京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5
お問い合わせ 電話:075-865-1231
アクセス 嵐山駅より徒歩約30分Googleマップ
お得な切符 サイクルきっぷが便利です
サイクルきっぷについてはこちら

嵐山モンキーパーク

京都の嵐山にある猿の楽園、サル達と触れ合う、楽しいひととき

京都の嵐山にある猿の楽園で、約150頭のニホンザルが暮らしている。入口から約20分程山を登ると展望台につき、京都市内が一望でき、サル達が遊んでいる。休憩所から金網越しにリンゴ、バナナなどのえさをサル達にあげることができる。但し、園内にえさを持ち込むことはできない。
都会から離れた自然の中で、サル達と触れ合う、楽しいひとときを過ごすことができる。

住所 京都府京都市西京区嵐山元録山町8
お問い合わせ 電話:075-872-0950 ファックス:075-872-0950
アクセス 嵐山駅より徒歩5分Googleマップ
嵐電1日フリー切符特典 入園料20%割引
嵐電1日フリー切符についてはこちら

化野念仏寺

境内の約8000体の石仏は、化野一帯の葬られた人々のお墓

浄土宗の寺院で、800年初頭、空海が五智山如来寺を建立し、野ざらしになっていた亡骸を埋葬したのにはじまると言われている。
法然が念仏道場を開き、念仏寺となる。本尊は阿弥陀如来像。
この地は古来より葬送の地で、始めは風葬であったが、後世土葬となり、人々が石仏を奉し、永遠の離別を悲しんだ所である。
境内の約8000体の石仏は、化野一帯の葬られた人々のお墓である。何百年という歳月を経て無縁仏と化し、化野の山野に散乱埋没していた。
賽の河原に模して、「西院の河原」と名付けられた。

住所 京都府京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
お問い合わせ 電話:075-861-2221 ファックス:075-881-9800
アクセス 嵐山駅より京都バス 62 72 鳥居本バス停下車 南へ徒歩約5分
Googleマップ
嵐電1日フリー切符特典 拝観料100円割引
嵐電1日フリー切符についてはこちら
お得な切符 サイクルきっぷが便利です
サイクルきっぷについてはこちら

嵐電嵐山駅 はんなり・ほっこりスクエア

森田恭通氏デザインによる、近畿の駅百選にも選ばれた駅

世界的インテリアデザイナー森田恭通氏デザインによる、「光」「水」「木」をテーマとしたライト300基、竹3000本を駆使した、暖簾が目印の駅で、近畿の駅百選にも選ばれた駅。

嵐電1日フリー切符特典 お買い上げのお客様に粗品進呈
嵐電1日フリー切符についてはこちら

弘源寺

春の桜、秋の紅葉と調和する嵐山屈指の景色

臨済宗天龍寺派大本山天龍寺の塔頭寺院である弘源寺は、永享元年(1429)、室町幕府の管領であった細川右京太夫持之公が、天龍寺の開山である夢窓国師の法孫にあたる玉岫禅師を開山に迎え創建し、持之公の院号をもって弘源寺の寺号とした。嵐山を借景にした枯山水庭園は「虎嘯(こしょう)の庭」と呼ばれ、春の桜、秋の紅葉と調和する景色は嵐山屈指である。

住所 京都府京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町65
お問い合わせ 電話:075-881-1232
アクセス 嵐山駅より徒歩すぐGoogleマップ

清凉寺

京都三大念仏狂言の1つ「嵯峨大念仏狂言」が行われる浄土宗の寺院

釈迦堂という名で親しまれている清凉寺は浄土宗の寺院で、山号を五台山(ごだいさん)と称する。開基(創立者)は 然(ちょうねん)、開山(初代住職)はその弟子の盛算(じょうさん)である。本尊の釈迦如来像は「三国伝来の釈迦像」と呼ばれており、像の胎内から数々の納入品が発見され、その中でも「五臓六腑」(絹製の内臓の模型)は有名である。毎年の3月には、京都三大念仏狂言の1つ「嵯峨大念仏狂言」が行われる。この大念仏狂言で使われる狂言面を模した面が嵯峨面であり、厄除けのお土産として人気である。

住所 京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
お問い合わせ 電話:075-861-0343
アクセス 嵐山駅より北へ徒歩15分Googleマップ

旧嵯峨御所 大覚寺門跡

嵯峨天皇の離宮嵯峨院を寺に改めた皇室ゆかりの寺院

真言宗大覚寺派の本山である大覚寺は、平安時代、嵯峨天皇の離宮嵯峨院を寺に改めた皇室ゆかりの寺院であり、嵯峨天皇と弘法大師空海が交流を深められた場所でもある。嵯峨天皇の長女である正子内親王が淳和天皇第2皇子の恒寂入道親王を開山とし開創した。山号を嵯峨山と称する。また、後宇多法皇がここで院政を行うなど、日本の政治史に深い関わりから「嵯峨御所」とも呼ばれた。南朝最後の天皇である後亀山天皇から北朝の後小松天皇に「三種の神器」が引き継がれたのも大覚寺である。代々天皇、親王が出家されて住職となった門跡寺院であったため、現在でも御所の雰囲気が漂っている。また、嵯峨天皇が離宮を造営した際に作庭した日本最古の林泉「大沢池」があり、その池に浮かぶ菊ヶ島に咲く野菊を嵯峨天皇が手折り、生けたのを始めとする「いけばな嵯峨御流」の総司所(家元)もある。

住所 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
お問い合わせ 電話:075-871-0071
アクセス 嵐山駅より徒歩約30分Googleマップ
嵐電1日フリー切符特典 「勅封心経御守」進呈
嵐電1日フリー切符についてはこちら

常盤

源光寺

日本唯一の全国自由地蔵信仰

日本唯一の全国自由地蔵信仰、信仰の自由総本山。建物が黒く塗られている不思議な感じがする小さな寺で、八角形の本堂が印象的。この地は、平安時代後期、嵯峨天皇の皇子、源常(みなもとのときわ)の山荘があったところで、源義経の母、常盤御前もこの地で生まれ、没した。
境内には常盤御前の墓と言われる墓がある。常盤御前は、続日本後期、久安6年宮中の皇后募集で、千人の中から選ばれた美女と言われている。
【駅・運行に関するお問い合せ】
電話:075-801-2511(鉄道部 運輸課)

住所 京都府京都市右京区常盤馬塚町1
問い合わせ 電話:075-881-6807
アクセス 常盤駅より東南へ徒歩3分Googleマップ

法雲院

坐禅・法話で有名な寺院

坐禅・法話で有名な寺院。坐禅を継続することにより、周りに惑わされず、「本当の自分」を見つけることができる。

住所 京都府京都市右京区太秦蜂岡町17
問い合わせ 電話:075-861-1861
アクセス 常盤駅より徒歩5分Googleマップ

鳴滝

了徳寺

真宗大谷派の寺院で、大根焚き寺として有名。

真宗大谷派の寺院で、大根焚き寺として有名。約750年前、この地に来られた親鸞聖人が村人が差し出した塩味の大根焚を大変喜ばれ、その時の精進料理が、いつの日か「大根焚き」の名で全国に知られ、毎年12月9・10日の大根焚きの日には、約3000本の大根が約1万人の参拝客に振舞われる。

住所 京都府京都市右京区鳴滝本町83
問い合わせ 電話:075-463-0714
アクセス 鳴滝駅より北へ徒歩13分Googleマップ

桜のトンネル

通称「嵐電桜のトンネル」

嵐電北野線「鳴滝」駅~「宇多野」駅間の約200mに渡る線路両脇に、約70本の染井吉野の桜並木があり、通称「嵐電桜のトンネル」と呼ばれている。
この桜は、大正15年3月の北野線の全線開通を記念して植栽された。


宇多野

福王子神社

光孝天皇の皇后班子女王を祭神とし、仁和寺の守護神として造営

第58代光孝天皇の皇后班子女王を祭神とする。班子女王が仁和寺の開山法皇宇多天皇の母君であることから、仁和寺の守護神となっている。
現在の建物は、1644年仁和寺の再建と同時に造営されたものである。
本殿と境内にある夫荒社との間に「さざれ石」を祀ってあるが、「君が代」のさざれ石の1つであると伝えられている。
本殿の蟇(かえる)股(建築用語で上方の荷重を支えるための部材で、下方が開いて蛙の股のような形をしているので)が、2000年の本殿・拝殿の修復工事で、動物の透かしのあしらいが、彩色鮮やかによみがえった。

住所 京都府京都市右京区宇多野福王子町52
問い合わせ 電話:075-463-0937
アクセス 宇多野駅より北へ徒歩3分Googleマップ

西壽寺

閑静な佇まいの念仏の道場として有名な小寺

甲賀の地より歓請した丈六の阿弥陀を祀り、周山街道を高雄に向かって進みだす地の山麓にある閑静な佇まいの念仏の道場として有名な小寺。
また、映画・テレビ時代劇のロケ地として多く使用されていることでも知られており、子連れ狼・必殺シリーズ・水戸黄門等のシーンに登場する。

住所 京都府京都市右京区鳴滝泉谷町16
問い合わせ 電話:075-462-4851
アクセス 宇多野駅より北西に徒歩15分Googleマップ

御室仁和寺

仁和寺

国の名勝にも指定された、遅咲きで有名な「御室桜」の桜林

真言宗御室派総本山。仁和2年(886年)光孝天皇が仏教の隆盛を図るため、「西山御願寺」の建立を発願され、宇多天皇が仁和4年(888年)年その造営を完成。ユネスコの世界文化遺産に登録されている。
境内の中門内の西側一帯に遅咲きで有名な「御室桜」の桜林がある。江戸時代の儒学者貝原益軒の「京城勝覧」という京都の名所の案内書にも、吉野の桜に比べて勝るとも劣らないと絶賛されており、大正13年に国の名勝にも指定された。
【駅・運行に関するお問い合せ】
電話:075-801-2511(鉄道部 運輸課)

住所 京都府京都市右京区御室大内33
問い合わせ 電話:075-461-1155 ファックス:075-464-4070
アクセス 御室仁和寺駅より北へ徒歩3分Googleマップ
嵐電1日フリー切符特典 拝観料1割引嵐電1日フリー切符についてはこちら

五智山蓮華寺

五智如来像5体が、観音坐像11体とともに並ぶ真言宗の寺院

真言宗の寺院。1057年藤原康基が木喰単弥上人作の石造五智如来像を本尊として開創。
広沢の池畔から鳴滝音戸山へ、さらに1928年現在地へ移転。離散していた石仏を集めて境内に安置された石仏群は壮厳で、五智如来像5体が、観音坐像11体とともに並んでいる。

住所 京都府京都市右京区御室大内20
問い合わせ 電話:075-462-5300
アクセス 御室仁和寺駅より徒歩約5分Googleマップ

御室仁和寺駅

近畿の駅百選にも選ばれている、嵐電の駅の中で一番風情のある駅

嵐電の駅の中で一番風情のある駅で、駅舎に掲げられている駅名板は旧文字で書かれており、近畿の駅百選にも選ばれている。


妙心寺

妙心寺

広大な山内に46の塔頭寺院が点在する、臨済宗妙心寺派総本山

臨済宗妙心寺派総本山。1337年(建武4年)花園法皇が自らの離宮を禅寺に改め、関山慧玄(無想大師)を開山としたのが始まりで、その後、応仁の乱などで一時中絶するが、細川勝元の支援を受けて復興、次々と名僧を輩出し、現在広大な山内に46の塔頭寺院が点在する。
三門は、慶長4年の建立で、境内で唯一の朱塗りの建物であり、空・無想・無作という禅の境地の意味が記されている。楼上には観世菩薩像と十六羅漢が祀られ、極彩色鮮やかに飛天や鳳凰・龍の図が柱や梁に描かれている。
法堂の天井には、8年の年月を費やして描かれた狩野探幽の筆による雲龍図がある。

住所 京都府京都市右京区花園妙心寺町64
問い合わせ 電話:075-463-3121(代) ファックス:075-464-9586
アクセス 妙心寺駅より南東へ徒歩3分Googleマップ
嵐電1日フリー切符特典 拝観料1割引嵐電1日フリー切符についてはこちら

退蔵院

屈指の古刹と知られている、妙心寺の塔頭寺院

1404年室町時代に無因宗因禅師を開山として建立された臨済宗妙心寺の塔頭寺院で、屈指の古刹と知られている。
初期水墨画の代表作である国宝「瓢鮎図」を所蔵することで知られている。「瓢鮎図」は室町時代「水墨画の先駆者」如拙の筆で、つるつるの瓢箪でぬるぬるのナマズを掴まえるのはどうすればよいかという、およそ不可能な問いかけを図示したものである。
狩野元信作庭の枯山水庭園「元信の庭」や、3年の年月を費やして造園家の中根金作が作庭した「余香苑」は、昭和を代表する名園である。

住所 京都府京都市右京区花園妙心寺35
問い合わせ 電話:075-463-2855
アクセス 妙心寺駅より南東へ徒歩3分Googleマップ
嵐電1日フリー切符特典 拝観料1割引嵐電1日フリー切符についてはこちら

桂春院

織田信長の長男・信忠の二男津田秀則により、見性院として創建

妙心寺塔頭の一つで、臨済宗東海派の寺院。本尊は薬師如来像。1598年織田信長の長男・信忠の二男津田秀則により、見性院として創建された。
寺名は両親の法名「桂」、大姉の「春」に由来し、桂春院となった。歓請開祖は桂南和尚の師、心華霊明禅師。方丈三方に四つの庭がある。
方丈北の坪庭「清浄の庭」は、西に井筒を配し、紀州産の石・枯滝・白砂で渓流を表している。「思惟の庭」は、方丈下の窪地を利用して造られた苔庭。 南の「真如の庭」は、低地に造られており、方丈手前に刈り込み、さらにその先に段差があり苔庭が広がり、その先の段差をツツジ・サツキの大刈り込みで隠している。杉苔の中には、椿・紅葉等の木が植えられ、さらに石組が七五三に配置されている。これは、「十五夜満月」を表しているという。
方丈の北、書院前庭、茶室「既白庵」の路地庭の「侘の庭」は、作庭者不詳であり、小堀遠州の高弟、玉淵坊作庭説があり、史蹟名勝に指定されている。

住所 京都府京都市右京区花園寺ノ中町11
問い合わせ 電話:075-463-6578 ファックス:075-463-6578
アクセス 妙心寺駅より徒歩3分Googleマップ
嵐電1日フリー切符特典 拝観料1割引嵐電1日フリー切符についてはこちら

大心院

1479年細川政元が上京区に建立し、細川幽斎によって妙心寺に移築された寺院

臨済宗妙心寺派の寺院。1479年細川政元が上京区に建立し、細川幽斎によって妙心寺に移築された。
当初から僧侶の宿坊の場所として、妙心寺を支えてきた。現在では、一般の方でも泊まることができ、精進料理や座禅等を体験することができる庭園、阿吽(あうん)の庭は、作庭家中根金作による作庭で、築山は苔で覆われており、多くの樹木が植えられている。
石組は三尊手法と呼ばれるもので、そのまわりには数組の石を配しており、五色十七個の岩と苔と白砂がうまく調和されている枯山水庭園である。
4月には牡丹、5月には霧島ツツジ、6月にはクチナシが咲くことで知られている。

住所 京都府京都市右京区花園妙心寺町57
問い合わせ 電話:075-461-5714
アクセス 妙心寺駅より南東へ徒歩3分Googleマップ
嵐電1日フリー切符特典 拝観料1割引嵐電1日フリー切符についてはこちら

龍安寺

龍安寺

世界文化遺産にも登録されている、細川勝元が創建した禅寺

1450年に細川勝元が創建した臨済宗妙心寺派の禅寺で、ユネスコの世界文化遺産にも登録されている。
特別名勝の枯山水の方丈庭園である「石庭」は、幅25m奥行10m程の敷地に白砂を敷き詰め、15個の石を5か所に点在させたシンプルな庭である。15個の石は、庭をどこから眺めても全ての石を見ることはできない。東洋では15という数字は「完全」を表すものとして捉える思想があり、人間は完全ではないので、見えないところは心眼で見るということである。また、虎が子を連れて大河を渡る様子を表した「虎の子渡しの庭」とも呼ばれている。

住所 京都府京都市右京区龍安寺御陵下町13
問い合わせ 電話:075-463-2216
アクセス 龍安寺駅より北へ徒歩7分Googleマップ
嵐電1日フリー切符特典 拝観料1割引嵐電1日フリー切符についてはこちら

等持院

等持院

足利尊氏の墓所として知られる天龍寺派の寺院

臨済宗天龍寺派の寺院。足利尊氏の墓所として知られる。足利尊氏は1341年(暦応4年)に現在の京都市中京区の柳馬場御池付近に等持寺を建立し、その2年後の1343年現在の京都市北区等持院北町に別院北等持寺を建立した。尊氏の死後、別院等持寺は尊氏の墓所となり、その名前を「等持院」と改称した。霊光殿には足利歴代将軍の木像が安置されている。
夢窓国師作と伝えられる庭園は、衣笠山を借景にした池泉式回遊庭園である。

住所 京都府京都市北区等持院北町63
問い合わせ 電話:075-461-5786
アクセス 等持院駅より北へ徒歩5分Googleマップ
嵐電1日フリー切符特典 オリジナルポストカード進呈嵐電1日フリー切符についてはこちら

北野白梅町

北野天満宮

梅をこよなく愛した菅原道真公を主祭神とする、天神信仰の中心

菅原道真公を主祭神とし、特に学問の神様として知られ、多くの受験生らの信仰を集めている。福岡県の太宰府天満宮とともに天神信仰の中心となっている。道真公は梅をこよなく愛し、大宰府に左遷の際、庭の梅に「東風吹かば 匂い起せよ梅の花 主なしとて 春を忘るな」と和歌を詠んだこと等から梅が神紋となっている。境内には多くの梅が植えられており、春先には梅苑も公開され、2月25日には梅花祭が開催される。
「牛が刺客から道真公を守った」等の伝承から、牛は神使とされており、境内には臥牛の像が多数置かれている。

住所 京都府京都市上京区馬喰町
問い合わせ 電話:075-461-0005 ファックス:075-461-6556
アクセス 北野白梅町駅より東へ徒歩5分Googleマップ
嵐電1日フリー切符特典 オリジナルしおり進呈嵐電1日フリー切符についてはこちら

平野神社

四柱御祭神が祀られており、桜の名所としても名高い

延暦13年桓武天皇の命により、今木皇大神(いまきのすめおおかみ)、久度大神(くどおおかみ)、古開大神(ふるあきおおかみ)、比賣大神(ひめのおおかみ)の四柱御祭神が、平安遷都と同時にこの地に祀られ、桜の名所として名高い。 毎年4月10日に行われる「桜祭り」は、花山天皇が985年に始められた臨時祭が始まりで、京都主要行事の1つである。江戸時代には御室仁和寺とともに桜の名所として親しまれ、後に夜桜でも「祇園の夜桜」と人気を二分するようになった。境内には名桜「魁」をはじめ、約50種約400本の桜が植えられている。

住所 京都府京都市北区平野宮本町1
問い合わせ 電話:075-461-4450 ファックス:075-461-1700
アクセス 北野白梅町駅より北へ徒歩7分Googleマップ

金閣寺

舎利殿は漆地に金箔を押した三層の建物、正式名は鹿苑寺

臨済宗相国寺派の寺院で、正式名は鹿苑寺。中心建造物である舎利殿を金閣と言い、通称寺院全体を金閣寺と呼び、ユネスコの世界文化遺産に登録されている。
1397年足利義満が河内国の領地と交換に西園寺を譲り受け、一新し、夢窓疎石を勧請開山とした。
金閣寺の由来となっている舎利殿は、漆地に金箔を押した三層の建物で、初層・二層・三層のそれぞれに異なる様式を採用した特異な建築であり、初層は寝殿造風で「法水院」と称し、中央に宝冠釈迦如来像、向かって左に法体の足利義満像を安置する。二層は住宅風武家造の「潮音洞」で、岩屋観音像と四天王像を安置する。三層は禅宗様の仏殿風で、仏舎利を安置し、屋根はこけら葺きで上には鳳凰が飾られている。
金閣を水面に映す鏡湖池を中心とする池泉回遊式庭園は、国の特別史跡、特別名勝に指定されている。

住所 京都府京都市北区金閣寺町1
問い合わせ 電話:075-461-0013
アクセス 北野白梅町駅より徒歩約15分Googleマップ